研究は実践的な問題解決の場に展開され常に琢磨されてこそ、知的領域と現実社会とが
相互に刺激的な緊張関係を保つことができる。これが私の研究のスタンスである。

1942年  東京小石川生まれ
       沖縄大学教授


1966年 日本大学理工学部卒業
1968年 同商学研究科修士課程修了
1970年 同商学研究科博士課程修了
1970年 (株)開発計画研究所・主任研究員
1971年 (財)政策科学研究所・主任研究員
1978年 筑波大学社会工学系・講師
1982年 文部省在外研究員(タイ・アジア工科大学院・客員教授)
1995年 沖縄大学経済学科・教授
1997年 沖縄大学法経学部・学部長(初代・'99年まで)
2004年 沖縄大学法経学部・学部長('05年まで)
2006年 沖縄大学大学院 現代沖縄研究科長('07年まで)
2007年 吉川研究室株式会社を設立(翌年3月の大学退職に備えて)

【リージョナル・プロモーション研究活動】
 <アクション・リサーチの実践>  
(1)島おこし研究交流会(1978−1980年)

(2)与那国開港運動(1987−1990年)

(3)沖縄・中国航路(海・空)開設運動(1993―1995年)

(4)沖縄ベンチャー・ビジネスの提案と普及・実践活動


◆◇◆(1)から(4)の動を、本ホームページを編集してまとめてみました。◆◇◆

『沖縄、私のリージョナル・プロモーションとベンチャー体験30年』
−沖縄だからこそメジャーに勝てる、またもう一つのビジネス・モデル−

1.沖縄に訪れた辺境の逆転

パワーポイントを添付しました。これで1.の概要がお分かりいただけるかと存じます。

2.リージョナル・プロモーション、逆転の実現化

小生がアクション・リサーチと称している方法論で、単に調査のための調査でなく、住民・市民の方々と調査、政策提案そして運動を総合化した方法です。

1)与那国島開港運動、顔の見える国際化

・雑誌記事です。
   与那国島開港関係新聞資料
   『辺境の逆転―日本最西南端・与那国開港』

2)対中国(空・海)航路開設運動、リージョナル・ステイツを目指して

   ・ラジオ(ラジオ沖縄)をプロジェクト呼びかけ、コーディネートの場として運動を展開しました。
   番組「大交易ルネッサンス」


   ・航路開設運動の根拠というか最終的な目的です。雑誌記事です。
   『地域国家の提案、沖縄・福建省・台湾経済圏』

   ・これは理論編(雑誌)ですが、少し長いのでご興味のある方は目を通してみてください。
   
まず航路ありきー先行型・戦略型輸送システムの必要性―』

3)沖縄型ベンチャー支援・実践、光と影

・私のベンチャー体験の失敗と成功を少し面白く、失敗を中心に新聞連載しました。
   
   〔連載・1〕本土メジャー企業に勝てる経営戦略を構築、展開 5/17(火)
   〔連載・2〕オール沖縄(戦略)によるビジネス・チャンスの実現化 5/18(水)
   〔連載・3〕沖縄特区制度の活用 5/19(木)
   〔連載・4〕沖縄のビジネス・プラットフォーム構築 5/20(金)
   〔連載・5〕もう一つのプラットフォーム 5/21(土)

4)東南アジアとのビジネス地域連携―共通点、隣接の活用―

Netによるビジネス連携、現実的な話になってきました。今回はJICA-Netによる実験で、その様子を写真で紹介しました。



3.沖縄型ビジネス・モデル

沖縄だからこそ本土メジャーに勝てるというスタンスでの沖縄型ビジネス・モデルです。目次の1)〜4)はそれぞれ別の添付資料で少し分量がありますので、ザーッと目を通してみてください。

 ・沖縄型ビジネス・モデル

4.問題提起―沖縄での可能性、もう一つのビジネス・モデル

 1)望ましい地域社会、開発とは何か

英文しかなく申し訳ありません。短い文章ですので。

   What is a desirable region, and what is development?
   Evaluation of development
 
 2)多様な価値観に基づく活動分野

自己実現格差社会出現の危険性’041215日クリスマス・メッセージにかえて)

 3)新沖縄学

   『新沖縄学体系化試論』−来沖33年、在沖10年の総括とこれから−


【これからの将来活動計画、実践沖縄学の提唱とその実践】


 表紙をクリックすると目次を表示します。

環境アセスメントの基礎手法』
(鹿島出版,1975年)
『環境工学の体系化』
(理工新社、1976年)
『与那国−島の人類生態学』
(三省堂、1984年)
『訳・著、都市環境システム分析』
(鹿島出版、1973年)
環境アセスメント分野 環境・計画分野 離島・自然分析 都市・環境分野
システム分析アプローチ システム工学アプローチ 文化生態的アプローチ システム分析アプローチ
『那覇の空間構造−沖縄らしさを求めて』
(沖縄タイムス出版、1989年)
『新版21世紀沖縄の企業・産業戦略』
(サザンプレス、1993年)
『沖縄大交易ルネッサンス』
(共著・社会評論社、1996年)
『編・著、環境アセスメントマニュアル』
(環境技術研究会、1978年)
都市・文化分野 産業・企業分野 産業・企業分野 環境アセスメント分野
文化人類的アプローチ 経営戦略アプローチ ラジオ番組収録・編集 プロジェクト(特性)別マニュアル

1969年 創立記念懸賞論文主席(財・日本地域開発センター)
1975年 環境賞(株・日本工業新聞社)
1980年 国際協力学術奨励賞(財・国際協力推進協会)
1989年 第10回沖縄タイムス出版文化賞(沖縄タイムス社)
1991年 第12回沖縄研究奨励賞(財・沖縄協会)
2007年 2007年度中小企業庁長官表彰(企業支援家部門)
      Japan Venture Awards(創業・ベンチャー国民フォーラム)

1991年 第12回沖縄研究奨励賞(財・沖縄協会)

2007年 中小企業庁長官表彰(起業支援家部門)
      Japan Venture Awards2007(創業・ベンチャー国民フォーラム)